いちばんイイのはどれ?ホワイトニング調査隊

本当に歯が白くなるホワイトニング方法はどれか比較してみました

歯を白くするために本当に良いのは、どんなホワイトニング方法だと思いますか?

歯を白くすると聞くと、歯科医院でのホワイトニングか、クリニックでマウスピースと薬剤をもらい自宅ケアができるホームホワイトニングを思い浮かべる方が多いかもしれません。ですが今は、手軽に購入ができ、

自宅でお手入れができる方法も充実しており、注目を集めています。

中でも代表的なものは、ホワイトニングジェルです。これは、歯磨きの後の仕上げとして使用するもの。また、歯磨き粉もホワイトニング成分を含んだものが最近は人気となってきます。

では、その中で、いったいどの方法が自分にとって最適なのでしょう?

効果や費用、安全性、手軽さという4つの視点から比較してみましょう。

ホワイトニング方法の比較表

ホワイトニング方法 オフィスホワイトニング ホームホワイトニング ホワイトニングジェル 歯磨き粉
総合評価
17/20点

8/20点

12/20点

14/20点
効果の高さ 高濃度のホワイトニング剤を塗布し、光をあてることで白くするので即効性は高いです。歯医者やサロンしかできない効果があります。 薬剤とマウスピースによる高濃度ホームケアですが、効果を高めるためには時間や使用方法を間違えず正しく行うことが必要です。  効果の高いジェルが多く発売されています。着色汚れなどをキレイに白く仕上げるだけでなく、口内・口臭ケアなどもできるその他の効果にも優れています。 洗浄効果に、オマケとしてホワイトニング成分を配合している製品が多く、歯を白くする作用は弱めです。
費用の安さ 歯の上下12本全体に施術で5~10万円と開きがありますが、やはりコストはかかります。 1か月15,000円から30,000円位が相場です。 1か月分3,000円位から。効果が高くてもリーズナブルです。 1か月分の容量で1,500円~2,000円と安く続けられます。
安全性の高さ 濃度の高い過酸化水素などの薬剤を使うため刺激はアリ。医師や歯科衛生士のもとで行うことは安心できます。 歯を漂白する酸化尿素や過酸化水素などの薬剤を自分で使うため、注意が必要。 自然な成分を中心に、発泡剤や研磨剤を含まない製品が多いです。 発泡剤や研磨剤が含まれている場合が多いため、以外と注意が必要です。
お手軽さ 歯科医やサロンに行ければ、あとはプロにおまかせできる手軽さはあります。 マウスピースをつけ薬剤を塗布し数時間待つなどの手間と時間がかかります。 いつもの歯磨きの後にブラッシングするだけなのでとても手軽で続けやすいです。 毎日の習慣である歯磨きでホワイトニングできます。
 
おすすめ
クリニックはこちら ▶
おすすめ
クリニックはこちら ▶
おすすめ
クリニックはこちら ▶
おすすめ
クリニックはこちら ▶

【結果】効果が高いのに安く手軽な「ジェル」がおすすめ

上の比較表を見てみると、それぞれのメリットやデメリットが分かっていただけると思います。歯磨き粉は、手軽で安く安全ではあるけれど、歯を白くする即効性は弱めです。一方、歯医者やサロンに行くオフィスホワイトニングはプロに見てもらうので即効性や安全性は安心でもやはり費用がネックとなります。ホームホワイトニングは、ご自身で薬剤を管理する手間や安全性が心配ですが本格的なケアはできる方法です。

総合的に見て、バランスの良い方法は、やはりホワイトニングジェルなのではないでしょうか。市販品でリーズナブル、安全性も安心ですし、何より口コミなどで歯が白くなったという実感の声が多かったです。毎日の歯磨きの時に、手軽に本格的なお手入れがはじめられますよ。

黄ばみ除去→予防までこなしてくれるスグレモノ

実は私も、歯の黄ばみにずっと悩んでいたひとりです。笑顔に自信がなくて、どうしたら良いかわからず、歯医者に相談したりしましたが、オフィスホワイトニングの価格の高さに驚きこれでは続けられないとあきらめたことも…。

それでも口コミなどを調べて市販品を試したりして、色々自分なりにやって歯の美白を試してみました。今は、自分の納得のいくキレイな歯をキープすることができています。それは、自分にぴったりのアイテムを見つけることができ、日ごろから歯の美白ケアをしているからです。

歯医者さんに行かなくても、すぐに実感できるほどホワイトニング効果があるし、しかも、価格もお手頃なので使い続けやすく、

黄ばみが気にならなくなってからも、予防のために続けられるのがいいですね。白い歯を手に入れたいと悩んでいるなら、この感動をぜひ味わってもらいたいです。

 
ページの先頭へ
いちばんイイのはどれ?ホワイトニング調査隊