いちばんイイのはどれ?ホワイトニング調査隊

手軽さで比較

ここでは、歯のホワイトニングを簡単・手軽さで評価し、説明いたします。

歯のホワイトニングは続けやすさが大切

歯を白くするためには、即効性の効果はもちろんなのですが、継続して白い状態をキープしていくことが大事です。

私たちの歯は、毎日の食事やお茶、コーヒー、タバコを吸う方はヤニなども、着色汚れがついていきます。それが蓄積していくと、黄ばみの原因となるのです。

沈着していた汚れをオフしたら、美しい歯を維持していく。それは、難しいことではありません。

毎日、食事の後や朝晩には歯磨きは習慣となっていますし、プラスアルファでホワイトニングケアを取り入れることができれば、ずっとホワイトニング効果をキープしやすいということです。そのためには、手軽にできるホワイトニング方法を知っておきましょう。

簡単・手軽さで選ばれる第1位 歯磨き粉

歯磨き粉の画像歯磨き粉を変えるだけで、ホワイトニングができれば、忙しくてもムリなく歯をお手入れできます。

今、効果の高いホワイトニング専用の歯磨き粉が市販でもあり、ドラックストアなどでも購入できてとても手軽です。

 

簡単・手軽さで選ばれる第2位 ホワイトニングジェル

ホワイトニングジェルの画像普通の歯磨きの後のプラスケアとして、ジェルを塗布するだけなので、手軽ですし毎日に取り入れやすい注目の方法です。

歯磨き粉よりはひと手間増えますが、ホワイトニング専用の効果が優れ、本格的なケアをいつもの歯磨きの時にはじめられるのでおすすめです。

 

簡単・手軽さで選ばれる第3位 オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングの画像歯医者やサロンで行うホワイトニングですので、白さへの実感は高いのですが、通わなくてはいけないという時間と手間がかかります。

薬剤を使用し、光レーザーなどにあてるという施術を受けます。その他に家でのケアをしなくても良いので楽だという方もいらっしゃいます。

 

簡単・手軽さで選ばれる第4位 ホームホワイトニング

ホームホワイトニングの画像歯医者に行って、ご自宅でお手入れできるホワイトニングセットを購入するというのがホームホワイトニングです。

家でできるなら手軽だと思われると思いますが、まず、自分にぴったりのマウスピースをつくるためにクリニックに行かなくてはなりません。

ご自宅では、マウスピースをつけて、歯を漂白するための薬剤を流し込むという作業をしていきます。

1日1時間や2時間マウスピースをつけたままにしておく時間が必要であり、ホワイトニング後には色のつく食べ物を注意しなくてはなりません。

本当に歯が白くなるのはどれ?ホワイトニング方法を比較しました
 
ページの先頭へ
いちばんイイのはどれ?ホワイトニング調査隊