いちばんイイのはどれ?ホワイトニング調査隊

費用で比較

ここでは、安い料金でホワイトニングできる方法について紹介いたします。

料金が安いホワイトニングはどれ?

歯のホワイトニングは、1回で終わるわけではありません。

毎日、食事をして、お茶やコーヒーなどを飲めば、歯は汚れてきます。煙草も黄ばみの原因で す。だからこそ、継続して歯の白さへのお手入れが必要となります。

蓄積した着色汚れや黄ばみなどは、白くさせるのに時間がかかります。そうなると、気になるのは、費用の問題ですよね。

歯医者さんやサロンでの施術は、やはり高額となります。続けやすいのは、ホワイトニング用の 製品を購入してご自宅でケアする方法でしょう。

リーズナブルであることを視点に比較すると下記のようになります。

リーズナブルな第1位 歯磨き粉

歯磨き粉の画像歯磨き粉は、毎日使うものですので、比較的購入しやすい価格となっています。

ホワイトニング用とする製品では、千円台からが相場。基本的には、日々 の汚れを落とし、同時に歯も白くする働きがプラスされたものが多いため、ホワイトニング効果は弱め。

しかし、低価格で日々の着色汚れを貯めない白い歯ケア ができるとあって、はじめやすく購入者はとても増えています。

料金例

  • シティースホワイトEXエクストラミント 110g 1,680円 (税抜)
  • ステインクリアプレミアムポリッシュ 17g650円 (税抜)
  • アパガードプレミオ 100g 1,480円 (税抜)

リーズナブルな第2位 ジェル

ホワイトニングジェルの画像歯の汚れや黄ばみが気になっていて白くしたい。けど、歯医者は高すぎる。という方に、白くなる効果はありながら、リーズナブル価格で実現しやすいのがジェルです。

一般的には、朝晩に使って1か月から2ヶ月で3,000円~が中心です。

料金例

  • 薬用ちゅらトゥースホワイトニング  容量不明 3,990円(税抜)
  • パールホワイトproEX 30mg 8,000円(税抜)
  • 薬用トゥースメディカルホワイトEX 25g 3,560円(税込)

リーズナブルな第3位 ホームホワイトニング

ホームホワイトニングの画像ホームホワイトニングは、クリニックでの質の高いホワイトニングを自宅で行える方法。

歯医者さんでの施術よりもお安い価格ではじめること ができます。

クリニックのメニューでは、ホワイトニング薬剤やマウスピースがセットになっていて、約1ヵ月から1か月半ぐらいのものが2万円前後からあり ます。

通われる歯医者によっても価格帯は様々ですので、下記は参考に見てください。

料金例

  • クリニックA  21,600円(税込) ホワイトニングジェル4本・マウストレイ付
  • クリニックB 15,000円(税込) ホワイトニング薬剤2本・マウスピース
  • クリニックC 18,000円(税込)  ホワイトニングジェル3本(1.5ヵ月分)、ホワイトニングトレー上下

リーズナブルな第4位 オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングの画像どこに行くかホワイトニングの種類によっても価格とクオリティが異なってきます。クリニックによっては、数回のセット価格も用意しているところがあり、回数が多いほどお得になる仕組みもあります。

1回数千円から、歯の上下12本全体に施術で安くて2から、高いものでは10万円とするものまで開きがあります。たった1回だけではなかなか効果は出にくいため、回数を通ったり、ホームケアと組み合わせて施術されている方が多いようです。

料金例

  • クリニックA 45,000円~70,000円位(ブライトスマイル上下20本前後1回)
  • クリニックB 45,250円(税込)  上下20本前後のオフィスホワイトニング1回
  • サロンA 1本につき500円 1本から20本まで自由に選べる今話題のワンコイン料金を採用。ポリリンホワイトニング。

 

本当に歯が白くなるのはどれ?ホワイトニング方法を比較しました
 
ページの先頭へ
いちばんイイのはどれ?ホワイトニング調査隊