いちばんイイのはどれ?ホワイトニング調査隊

安全性で比較

ここでは、ホワイトニングの種類を副作用がないか(安全性)という視点で比較いたします。

口内のケアだから副作用のない安全な方法が大事

せっかくホワイトニングをするならできるだけ効率的に歯を白くできる方法にしたいですよね。

しかし口の中に入るものですし、副作用がないかなどの安全かどうかということはとても大事なことです。

それぞれの種類や製品によって含まれている成分は異なりますが、どのような働きによって歯が白くなるのかメカニズムを知っておくと安心して使うことができます。

安全性が高い第1位  ホワイトニングジェル

ホワイトニングジェルの画像歯磨き粉の後に使うタイプのジェルは、ホワイトニングに高い効果を発揮しながら、お口に優しい成分を配合している製品が多く発売されています。

市販品のジェルは日常的に使用することを目的としているので、安心して使える成分配合をされているとのことです。

発泡剤や研磨剤、着色料、パラベンなどを使っていない体に優しい処方となっているものも多いようです。

安全性が高い第2位  歯磨き粉

歯磨き粉の画像朝晩食事の後など頻繁にお手入れをするための歯磨きは効果も弱めですが、他のホワイトニングと比べて安全性の高い成分が配合されていると言えるでしょう。

ホワイトニングに強いと言われる歯磨き粉には、お茶などのステイン、タバコのヤニを除去するポリリン酸ナトリウム、ポリエチレングリコール、医薬部外品としてはヒドシアパタイトも有名です。

ただし歯磨き粉には、はを摩擦する研磨剤や歯茎への刺激となる発泡剤が含まれているものもありますので、注意して選ぶようにしましょう。

 

安全性が高い第3位 オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングの画像歯医者で行われるホワイトニングは、簡単に言うと歯の漂白です。過酸化水素などの薬剤を塗布し光をあてて白くしてきます。

ホワイトニング効果が高いですが、その分歯磨き粉やジェルとは違って負担もあるということです。

しかしオフィスホワイトニングは医師などのプロのスタッフのもとで、歯の色や状況を診断し、虫歯などの他の疑いも考慮しながら行われるのは安心と言えるでしょう。

白さの効果も持続しやすいので、医師と相談して効率的な回数で歯に負担を最小限に施術を行いましょう。

安全性が高い第4位 ホームホワイトニング

ホームホワイトニングの画像ホームホワイトニングも、歯医者で行うオフィスホワイトニングと同じように、歯の漂白効果の高い過酸化尿素や過酸化水素などの薬剤を使ってご自宅で行うものです。

マウスピースをつけて薬剤をつけ時間をおくのが正しい方法です。

歯医者からの指示はありますが、ご自身でのお手入れとなりますので、使用方法や注意事情をしっかりと守ることが大切です。

本当に歯が白くなるのはどれ?ホワイトニング方法を比較しました
 
ページの先頭へ
いちばんイイのはどれ?ホワイトニング調査隊